So-net無料ブログ作成
ヨーロッパ ブログトップ

世界三大夜景のひとつ イタリア・ナポリ [ヨーロッパ]

距離
ローマ経由で日本から15時間。


スポット
「バーニョエレナビーチ」
九十九里ほどの透明度ですが、ドンナアンナ宮殿があり、
イタリアを感じるビーチです。

日帰りで「イスキア島」 「ネゴンボビーチ」

ナポリの人は1日5杯エスプレッソを飲むそうです。
1日エスプレッソに700円以上お金を使います。
1ヶ月21000円。1年間25万円以上。

「ヴォメロの丘」
函館、香港と世界三大夜景のひとつがナポリにあります。

ビーチクラブ 「アニーレ」
ナポリでは泳げるビーチが少ないので、
1500円払ってビーチクラブでお酒を飲みながら日焼けをします。

「フォリオ」「サンタンジェロ」と美しい街並みが楽しめます。


物価
イチジクとナッツのジェラート 280円

ウサギの煮込料理 4900円

片手で パスタが食べられるフィンガーフード 900円

ピザをたたんで食べるフィンガーフード 140円

エスプレッソ1杯140円


イタリア人男性の特徴
イタリア人は遊び方を知っているなと感じました。
ただ、そのイタリアも少子化らしいです。

日本に留学に来たイタリア男も勉強より
遊びを優先させているのをテレビで話していたのを覚えています。

1、2年の間に200人の女と寝たと言ってました。
そういうことを平気で言える神経がすごいと思います。

ジローラモやベリッシモのようにイタリア人はみんなそんなもんなんでしょうね。
ベルルスコーニやサッカーイタリア代表の選手も女性問題を抱えています。

女性問題といえば、イタリア人が出てきます。

いいところもあると思いますけど。女性を楽しませるのがうまいとか・・・


まとめ
イタリアはフィンガーフードが充実していることから
浅草のように食べ歩きに向いています。

フィンガーフードを片手に、歩きながら街並みを楽しむにはいいところです。


+実現リストNO.17+
フィンガーフードを片手にナポリの街並みを練り歩き、伊達男を観察する

パーティーアイランドのスペイン・イビサ島 [ヨーロッパ]

1日中遊べるイビサ島。

イビサ島は世界遺産ということもあり、観光も十分楽しめるところです。

イビサ島は世界中の遊び人が集まってくる印象ですが、
世界遺産があるのは驚きです。

世界中の遊び人を観察するにはおもしろそうです。


それにしても男は遊んでいる方がモテますね。
男からするとチャラチャラしてる男って、良い印象はないです。

女性の視点から見るとブリッコみたいに見えるかんじですかね。
でも、ブリッコは女性は嫌いますが、男性は好きな人多いです(笑)


少し妬みも入りましたが、でもその遊び人もやさしい人が多いんですよね。

この前ちょっとしたパーティーに行きましたが、
そこにいる遊んでるなって思った人も女性ばかりでなく、男にもやさしかったです。

みんながみんなってわけではないと思いますが、
遊んでいる人はなにか余裕みたいなものを感じます。

イビサとは全然関係ないか(笑)


イビサに話を戻すと、

イビサは観光に、海に、クラブに、休んでいる暇がないかもしれません。

きちんと自己管理をしていないとスリなどにあうそうなので、注意が必要です。


ヨーロッパの街並みは石畳のイメージが強いです。
だからかはわかりませんが、ヨーロッパの砂浜は石が多いです。
砂浜とは呼べないところも多いです。

意外と過ごしにくいから、ヨーロッパの人はいろんなところに行くのかもしれません。
世界のあちらこちらのビーチに白人はいますからね。


MEMO

距離
ドイツ経由で16時間


スポット
「セス・サリナスビーチ」 全長1.7キロ


物価
2人用ベット 1日7000円

滑り台付ペダルボート 2時間2800円

パエリヤ 4人前8000円
イカ墨のパエリヤ 4人前8400円

オーガニック・マンゴーアイス 350円

サーフヨガ 1.5時間12000円


+実現リストNO.17+
イビサ島で遊び人になる

イタリア・カプリ島 [ヨーロッパ]

東京からローマ経由でおよそ16時間。

ナポリからフェリーで40分のところにあるのが青の洞窟でおなじみのカプリ島。

千代田区くらいの大きさでグラニータというスムージーが500円くらいで飲めます。

島内は石畳や坂道が多く、イタリアの街並みが楽しめそうです。

家具や椅子のデザインにこだわっているお店が多く、個性を感じます。

残念なのがビーチは砂でなく小石なので、イタリア人も歩くのが大変そうでした。
ビーサン履けばいいのに・・・

足ツボが刺激されて健康になりそうなビーチです。


青の洞窟は行ってみたい場所のひとつです。

そんな青の洞窟が日本にもあります☆

沖縄本島の真栄田岬、石垣島や伊良部島。 岩手県の浄土ヶ浜にもあるそうです。

わざわざイタリアに行かなくても日本に青の洞窟がある。
いかに日本の自然が素晴らしいかということを日本人が気づいていないのでしょうね。

今回はイタリアでしたが、
調べているとイタリア以上に日本の素晴らしさの方が印象に残りました。

+実現リストNO.16+
青の洞窟に行く(中目黒含む)

芸術の都 バルセロナ [ヨーロッパ]

ドイツ経由で15時間
バルセロナへの直行便はないんですね。

バルセロナの家では1日1回、どこかで陽が入る設計になっています。

陽気な人は、毎日陽に当たっていることが大きいのかもしれません。


「バルセロネータビーチ」
1キロ続くビーチには、ヌーディストビーチもあります。

夜の9時まで遊んで、59歳でも水着でビーチに来る老若男女集まるビーチ。

近くにあるレストランのパエリアは4800円。

ルノーのレンタル電気自動車は1時間2800円。要国際免許。


「アルパルガテラ」 手作りサンダルの専門店
男性は3500円くらいで、女性は6900円。

男性のは日本で7、8000円くらいで売っています。半額です。


「バオ・ガレリー」 バッグ専門店

宣伝用の布を使っているバッグ。


スペインは陽気な国の理由がなんとなくわかりました。

元気になるには、太陽を全身に浴びるといいのかもしれません。



+実現リストNO.14+
バルセロネータビーチを歩き、陽気な人たちを観察する

+実現リストNO.15+
クラシコ(バルセロナ対レアル・マドリード)を現地で体感する
ヨーロッパ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。